会社概要 0120-004-844 お問い合わせ
HOME > 物流倉庫プランナーズ ジャーナルONLINE > デジタルピッキングシステム(DPS)の導入事例とメリットを紹介

新着記事 一覧

人気記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

デジタルピッキングシステム(DPS)の導入事例とメリットを紹介

デジタルピッキングシステム(DPS)の導入事例とメリットを紹介

病院、食品センター、雑貨店、量販店へ導入したデジタルピッキングシステム(DPS)の導入事例から、デジタルピッキングの特長や利点などメリットを紹介いたします。デジタルピッキングにすることで、精度向上、効率向上、教育コスト削減、行程の数値化を実現できます。

自社の物流倉庫にて下記の問題を抱えていませんか。デジタルピッキングで解決できます。解決策の一つとしてデジタルピッキングの導入をご検討ください。

物流倉庫のよくある問題

・在庫が合わなくて困っている。
・荷主・売主・ユーザーの要求精度が高い。
・ベテラン作業員に作業を依存している。
・残業時間が多くて困っている。
・パート作業員の定着率が悪い。
・出庫・仕分け作業の時間がかかって困っている。
・間違いが多く、出荷品質が悪くて困っている。
・作業者に余剰人員が多くて困っている。

リストピッキングとデジタルピッキングとの作業比較

デジタルピッキングシステム導入の効果・メリットとして、様々な用途に合わせたデジタルピッキング表示器(ライトモジュール)により伝票・指示書無しのペーパーレス化を実現できます。複雑な行程をデジタルで処理できるため、作業者はピッキングすることだけに集中できます。作業の生産性と精度を大幅に向上させることが可能です。

 

-リストピッキング-
STEP1:伝票読み(商品名と数量確認)
STEP2:商品探し
STEP3:ピッキング
STEP4:再度伝票読み(商品と数量を再確認)
STEP5:伝票消しこみチェック
⇒5STEPの作業が必要…

 

-デジタルピッキング-
STEP1:ピッキング
⇒わずか1STEPで作業が可能!!

 

ピッキング比較

量販店向け食品専用センターでのDPS(デジタルピッキング)システム導入事例

食品ベンダーから中堅スーパー向け店別ピッキングにデジタルピッキングシステムを導入しました。同時にピッキング後のPOS方式の出荷検品システムも導入しています。大幅な業務効率化に成功した事例です。より詳しくはお問い合わせください。


導入のポイント
・スーパーからベンダーに対しての精度要求とコスト削減に答える必要性があった。
・導入までの期間が短納期であったが、パッケージソフトをベースにしての対応が可能だった。

改善
・従来のリストでのピッキングに比較し、作業スピードが2倍にUP。

食品専用センターでのデジタルピッキングシステム(DPS)

店舗向け雑貨ケース、バラ品のDPS(デジタルピッキングシステム)導入事例

ネット通販の企業が物流作業を3PLに外部委託している現場に、アイテムの出庫作業にデジタルピッキングシステムを導入を導入しました。商品数が多く混乱している物流倉庫の出荷精度向上と、業務の最適化を実現しました。作業者の教育コストも大きく削減できました。デジタルピッキングの相性が良かった事例です。より詳しくは、お問い合わせください。

導入ポイント
・表示器の間口割付けを自動的に割り付けるため、物流の波動の増減にも対応。
・シンプルな仕組みのため、作業者教育の負担が低減。
⇒誰が作業しても一定のレベルでの作業が可能に。

改善
・ピッキング精度が10倍以上UP。また、人員の削減と適正配置が実現し、コスト削減に成功。

バラ品のデジタルピッキングシステム(DPS)

チルド日配センターでの食品DAS(デジタルアソートシステム)導入事例

大手スーパー向けチルド日配品(惣菜、お弁当、デザート等)のデジタルアソートシステム5度帯/15度帯の2ヶ所で使用しました。21時頃から1~3便の店別仕分けを実施(24時間ほぼ稼働)した事例です。

導入ポイント
・仕分けスピードが向上し、仕分けミス削減により荷主からの信頼度があがった。
・仕分け作業を行わない時間帯は、架台を移動しスペースを有効活用が可能となった。

改善
・仕分け精度とスピードの向上。精度(ミス率)は1/100,000まで削減に成功。従来1バッチあたり、5時間掛かっていた作業が3時間に短縮。また、作業者の作業負荷が減り、職場環境が改善された。

チルド日配センターでの食品デジタルピッキングシステム

病院内での手術機材用複数人数同時DPS(デジタルピッキング)導入事例

病院内手術準備室での手術器材(カテーテルや糸、針など)のピッキングにデジタルピッキングシステムを導入しました。医療現場におけるピッキング精度は、何よりも重要です。ピッキング精度向上のほかに、手術器材の細かい在庫管理が可能になり、医療過誤や医療ミスに繋がるヒヤリ・ハットをデジタルで大幅に減少できました。

導入ポイント

・手術器材の準備に時間を要することがなくなった。(導入前はリストピッキング)
・表示器ランプを5色で色分けすることにより、5人同時にピッキング作業が可能。

改善

・術式毎に使用する器材の判別がしやすくなり、ピッキングミスが大幅に減少した。
・在庫管理システムとの連動を行なうことにより、在庫状況の即時確認・把握が容易になった。

病院内での手術機材用複数人数同時DPS

トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法