会社概要 0120-004-844 お問い合わせ
HOME > 物流倉庫プランナーズ ジャーナルONLINE > 通販事業者が「ささげ」を物流業者に依頼するときのポイント

新着記事 一覧

人気記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

通販事業者が「ささげ」を物流業者に依頼するときのポイント

通販事業者が「ささげ」を物流業者に依頼するときのポイント

「ささげ」とは?

ECサイトのような通販事業者にとって、商品を販売するにあたり実物をお客さんに手に取ってもらうことはできません。ホームページに商品の画像を載せて、商品説明することでお客さんに注文してもらう方式を取ります。このため、「ささげ」が欠かせなくなります。このささげ、一般には広く浸透していない言葉かもしれません。ささげとは、業界用語のような言葉で「撮影」「採寸」「原稿」この最初の言葉を取ったものです。通販事業者がECサイトへ商品登録するために欠かせない作業です。実は物流業者の中には、このささげを代行サービスとして行っているところもあります。ささげを自分で行うとなると、販売する商品を入荷して、その後撮影担当のカメラマンに来てもらって、商品をスタジオで撮影し、白抜きなどの画像加工をし、取り寄せた商品を倉庫やメーカに返すという工程が必要です。ここまでにかなりの時間がかかってしまいます。

   

通販事業を行うにあたって、Time is Moneyは大変重要です。通販サービスを行うにあたって、出品は欠かせない作業になります。そして出品をしないと受注もできなくなり、収益を上げられないのです。いかにスムーズに出品できるかは、業績に直結する重要な問題です。そこで、自分でささげを行うのではなく、物流倉庫でささげの作業を行ってもらうことは大きなメリットとなります。

   

ささげを行っている業者を選ぶメリット

ささげとは?

ささげを物流業者に依頼するメリットとして、商品をスタジオに送る、カメラマンとスケジュールの調整を行う、画像加工をする、といった手間暇をかける必要のない点は大きいです。入庫・検品の作業が完了すれば、その場でささげを行えます。自分たちでカメラマンを用意してスタジオ撮影をするのと比較すると、圧倒的に時間短縮が可能です。すぐに出品できるので受注体制に入れ、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。またささげ業務を物流業者に依頼すれば、カメラマンやスタジオを自分たちで準備する必要がなくなります。このためコストカット効果が期待でき、より効率的に収益をあげられる可能性が出てくるわけです。

 

ECサイトに商品登録をする場合、商品の画像の出来栄えというのは重要なポイントになります。中には自分で撮影して、画像をホームページにアップすればいいと思っている人もいるでしょう。しかしそうなると、画像の出来栄えがどうしても素人っぽくなってしまいます。商品の訴求力がどうしてもダウンしてしまい、なかなか受注処理が進まなくなる恐れもあります。プロのカメラマンに商品が魅力的に見えるように撮影テクニックを駆使してもらうことは、売り上げに直結します。ささげ業務を行っている物流業者であれば、専用のスタジオスペースで、プロのカメラマンが撮影してくれるので撮影の問題も解消できるでしょう。

撮影テクニックは今まで以上に重視されるでしょう。というのもECサイトでオンラインショッピングするお客さんの購入スタイルが変化しているからです。一昔前までは、パソコンを使って商品探しをしている人が多かったでしょう。しかし今では、スマホやタブレット端末が普及して、多機能化しているのでこちらを使ってオンラインショッピングする人が増えてきています。パソコンであれば、自宅など使える場所が限られます。また起動するまでどうしてもある程度時間がかかります。しかしスマホやタブレットであれば、外出先の移動のちょっとした時間を使ってオンラインショッピングができます。パソコンと比較すると、スマホやタブレットがディスプレイの大きさや鮮明度は若干落ちる機種も多いです。その中で商品の魅力を伝えるには撮影技術が要求されます。ささげをアウトソーシングすれば、このような課題も十分クリアできるわけです。

   

アイロジはささげ対応業者を無料でご紹介します

ささげサービスですが、今後ますます重要な役割を果たすことになるでしょう。ネット通販サイトがどんどん増えていく現在、今のところはアパレルが主体ですが、食品や雑貨、家電など様々なジャンルの商品がネット上で販売されてくるでしょう。商品情報の見せ方を研究してノウハウを蓄積し、ほかのささげ対応業者と差別化を図る必要があります。ささげ業務を多数請け負ってきた実績のある所なら、柔軟にどのような商品でも適切に対応できるでしょう。

 

また迅速に作業してくれる業者を選ぶことも大事です。ささげに対応している物流業者の中には、倉庫の中に撮影用のスタジオを用意しているところもあります。倉庫の中で撮影ができるので、商品の移動を最小限に抑制でき、時間と費用のコストカット効果が期待できます。また柔軟にどのような商品でも撮影できる業者もおすすめです。例えば商品の種類によっては、商品そのものをスタジオに移動するのが困難なケースもあるでしょう。そのような場合に出張撮影をしてくれる業者もあります。

 

ささげはホームページ上にアップするための作業です。しかし中にはカタログやパンフレットなどの紙媒体の制作に対応している業者もあります。マルチメディアで販売を進めていきたい通販事業者でも安心です。アイロジでは無料でささげ対応している物流業者の紹介に対応しています。ささげ業務をアウトソーシングしたいと思っている通販事業者の方はぜひともこちらをチェックしてみてください。

https://lplanners.jp/ai-logi/    
トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法