会社概要 0120-004-844 お問い合わせ
HOME > 物流倉庫プランナーズ ジャーナルONLINE > 【基礎】荷役とは?マテハンとは?

新着記事 一覧

人気記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

【基礎】荷役とは?マテハンとは?

【基礎】荷役とは?マテハンとは?

荷役とは?

荷役とは物品輸送の積み込みや、積み下ろし、倉庫への入出庫、仕分け作業のことをいいます。
そのような荷役作業は大きく6つの作業に分けられます。

1. 荷揃え

出荷指示に従って。倉庫内に保管されている品物を集めたあと、同一方面へ運ぶ品物をひとまとめにして揃えること。

2. 積積み/積卸し

トラック荷台やパレットの上に品物規則正しく積んで行くこと。地べたに置くこと。

3. 運搬

倉庫内のある場所から別の場所へ品物を移動させる行為。

4. 保管

倉庫内の保管場所に一時的、または短期的、長期的に品物を置くこと。

5. 仕分け

入庫した品物を保管場所別に分別する、または出荷する為に保管場所から持ち出された品物を配送先別に分別すること。

6. 集品

保管場所にある品物や保管場所以外に一時的に置かれた品物を、出荷場所へ集めること。

マテハンとは?

「マテハン」とは、“マテリアルハンドリング”の略。
マテハンは物流業務を効率化する為に用いられる機械を称しています。物流拠点の原材料・仕掛品・完成品の全ての移動の関わるあらゆる資材・機械の事を指し、主な製品としては、運搬の際に使用されるフォークリフトや台車、保管で使用されるラックやネスティングラック、省人化や作業のリードタイムを短縮させる自動倉庫やコンベア等もこのマテハン含まれる物流機器です。

現代のマテハン機器

現在は商品の多品種化・短命化に伴い、ロジスティクスの短サイクル化に対応する為、また省人化をする事で人件費削減をはかる為に、IT技術を活用したあらゆるマテハン機器が誕生しております。例えば、無人搬送者や自動ピッキングシステムなど、特に自動車生産工場や通販物流において、マテハン機器の進化は加速しております。
物流倉庫内での人材確保が難しい現代では、IoTやロボットによる自動ピッキングシステム、RFIDなどの管理システム、自動搬送、自動仕分けなど、マテハン機器の進化に省人化・標準化が今後進むことが予測されています。

トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法