HOME > 製品カテゴリ一覧 > リサイクル機器 > ダンボール潰し機
各種お問い合せ
お問い合せ 資料ダウンロード

お電話での問合せ・導入シミュレーション

0120-004-844

製品を探す

キーワードから探す

人気記事 一覧

新着記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

ダンボール潰し機

ダンボール潰し機についてお問合せ・商談はこちら

お問合せフォーム 資料ダウンロード

ダンボール潰し機 紹介動画

改善・改良のため機械の外観、仕様は予告なく変更になる場合があります。

投入するだけで潰して排出

物流倉庫などで大量に発生し、場所を取る段ボールの空箱の処理が誰でも簡単、時短、安全に作業ができます。

ダンボール潰し機

特徴

  • 誰でも簡単作業

段ボールを投入するだけなので、誰でも簡単に作業することができます。

  • 大幅な時間短縮

大量に発生する空き段ボールの処理時間を大幅に単色し、作業時間と人件費の削減を実現。

  • 安全作業

カッターなど、工具を使用しないので、安全です。

ダンボール潰し機と手作業での10個あたりの作業時間比較

手作業での段ボール潰し

  • 手作業での段ボール潰し

3分32秒(1個あたり21.2秒)

段ボール潰し機

  • 段ボール潰し機

35秒(1個あたり3.5秒)

ダンボール潰し機の使い方

ダンボール潰し機のスイッチを入れる

  • 1.電源ON

電源をONにし、正転スイッチを入れる

ダンボールを投入

  • 2.ダンボールを投入

投入口可能なダンボールの最大寸法はW600×H600mm

素早くダンボールを潰します

  • 3.素早くダンボールを潰します

搬送コンベアと独自の潰し機構でダンボールを素早く潰します

段ボールを自動排出

  • 4.段ボールを自動排出

排出口は3段階に角度を調整することができます

短時間で潰せます

  • 5.短時間で潰せます

1個あたり4~5秒で潰せます。大量の空き段ボールを短時間、少ない労力で潰せます。

減容効率が3倍になった新機種登場

減容効率3倍のダンボール潰し機

ダンボール潰し機の主仕様

ダンボール潰し機std-60G

型番

std-60G

対象物

段ボール

処理能力

約900個/h(サイズや投入方法により異なります)

処理物寸法

600×600mm

搬送速度

20m/分

投入口サイズ

W610×H605mm

投入口高さ

943mm

寸法

W927×L3435×H1680mm

機械重量

680kg

モーター

3相 200V 20A モーター2.2kW

装備

ガード付投入コンベア/排出ガード

 

図面

段ボール潰し機STD-60G図面

新機種 ダンボール潰し機HPD600

型番

HPD600

対象物

段ボール

処理能力

約900個/h(サイズや投入方法により異なります)

処理物寸法

600×600mm

搬送速度

低速12m/分、中速16m/分、高速20m/分

投入口サイズ

W610×H620mm

投入口高さ

940mm

寸法

W1020×L3380×H1670mm

機械重量

800kg

モーター

3相 200V 30A モーター3.7kW

装備

ガード付投入コンベア/排出ガード/ダストボックス

 

図面

段ボール潰し機STD-60G図面

ダンボール潰し機について
お問合せ・商談はこちら

トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法