会社概要 0120-004-844 お問い合わせ
HOME > 製品カテゴリ一覧 > 搬送ロボット > 協働型搬送ロボット AMR ForwardX

製品を探す

キーワードから探す

人気記事 一覧

新着記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

協働型搬送ロボット AMR ForwardX

協働型搬送ロボット AMR ForwardXについてお問合せ・商談はこちら

お問合せフォーム 0120-004-844

ForwardX 協働型搬送ロボット AMR 紹介動画

AMR 協働型搬送ロボットの特徴

  • スモールスタートしやすく、既存設備への影響が少ないため、すぐに導入が可能。
  • エリアを限定する必要がない。
  • 高度な画像認識技術により、人と安全に協働することが可能。
  • クラウドでもローカルでも対応可能。
  • 4G/5Gでの運用が可能なため複数フロアでの運用も可能。

AMR 協働型搬送ロボット 活用イメージ

指定商品の保管されている棚の位置まで搬送ロボットが移動し、待機します。ピッカーはモニターに映しだれた指定商品を棚からロボットに映し、次のピッキングの確認をタップ。ロボットは次のピッキング位置、あるいは包装・梱包エリア、出荷エリアに移動します。

ピッキングした商品を載せたロボットが梱包エリアに移動し、梱包担当・出荷担当者がロボットから商品を下ろし、出荷手配をします。

画像認識カメラにより、障害物や人などを感知し、自動的に停止や迂回をするため安全です。

高度な画像認識技術により、その場でピッカーを認識し、搬送ロボットがピッカーの後ろを追尾させることもできます。

ForwardX AMR 機種について

  • 高度な画像認識技術に基づく環境センシングにより、ロボットが人や障害物の周りを安全に操縦できる。
  • AMRがすべての搬送業務を処理するため、オペレーターの作業効率が向上。
  • 倉庫への工事が不要且つマッピングが短期間で可能。
  • 同一システムで複数のロボット運用が可能。

導入ビフォアアフターイメージ

AMR導入前イメージ AMR導入後イメージ

指定されたロケーションにロボットが移動。搬送をアシストすることで省人化を実現。

エリアを跨いだシェアリングイメージ

エリアをまたいだシェアリングイメージ

AMR X350の特徴

  • 中~高重量向け(350kgまで)。
ForwardX AMR X350
長さ 1,227mm
奥行き 810mm
高さ 荷台まで386mm/最長部まで1,269mm
耐荷重 350kg
充電時間(0%から80%まで) 約2時間
最高速度 1.5m/秒

AMR X100の特徴

  • 軽量物向け(100kgまで)。
  • 自動充電により24時間。
ForwardX AMR X100
長さ 960mm
奥行き 660mm
高さ 荷台まで386mm/最長部まで1,450mm
耐荷重 100kg
最大稼働時間 10時間 または 20km
充電時間(20%から80%までの充電) 約2時間
最高速度 1.5m/秒

棚搬送ロボットとの比較

  GTP(棚搬送ロボット) ForwardX AMR (協働型搬送ロボット)
ピーク時 繁忙期、同じエリアでの処理対応は不可。別のバッファを用意する必要がある。 設備を変更することなく、AMRとオペレーターの配置により、同じエリアで2〜4倍の出荷量が可能になる。
オーダー適応 小ロット(1注文ごとに3 SKU未満)向けで、対応できる注文タイプは少ない。ヒット率は低い。 あらゆるオーダーに柔軟に対応する。
倉庫のタイプ 平らな倉庫にのみ適合し、ラックの高さは最大2~3 m。スペース効率が悪い。 あらゆる倉庫に適応する。
ピッキング手順 オーダーに対し順次棚(間口)を呼び出す 複数オーダーに対し同時並行で作業が可能
導入コスト 床を平らにし、専用ラックの導入、床にバーコードを設置する必要がある 設備変更がほぼ不要、設置~稼働までが早い
設置のリードタイム リードタイムが長く、工事期間(2~3か月)は現場作業をを中断する必要がある 3か月ほどで稼働が可能。マッピングも短期間。
総所有コスト(TCO) 高い投資:多数のロボット、専用ラック
運用コスト:リードタイムの長期化と運用の中断
維持費:ロボット自体の他、床上のバーコードは定期的なメンテナンスが必要
少ない投資:少ないロボットで、他設備は不要
運用コスト:迅速な導入、運用の中断なし
維持費:ロボット以外のメンテナンスは不要

AMR X100にオリコンを載せたイメージ

ForwardX AMR X100

AMRとは

AMRとは( Autonomous Mobile Robot )の略称で、レーザーや画像認識などにより周囲の物や、人物を検知し、目的の場所まで自律移動し、物を搬送するロボットです。協働型ロボット、自律走行型ロボットなどとも呼ばれます。

協働型搬送ロボット AMR ForwardXについて
お問合せ・商談はこちら

お手数をおかけいたしますが、下記のフォームより必須事項をご入力ください。
確認でき次第、ご対応させていただきます。


   
※お問い合わせ種別は必須項目です
※会社名は必須項目です
※姓・名は必須項目です
※都道府県は必須項目です
※電話番号は必須項目です
※メールアドレスは必須項目です
※コメントは必須項目です
同意がない場合送信できません
トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法