会社概要 0120-004-844 お問い合わせ
HOME > 物流倉庫プランナーズ ジャーナルONLINE > 高効率物流を実現するAS/RS(立体自動倉庫)自動倉庫システムとは

新着記事 一覧

人気記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

高効率物流を実現するAS/RS(立体自動倉庫)自動倉庫システムとは

高効率物流を実現するAS/RS(立体自動倉庫)自動倉庫システムとは

物流倉庫の機能を飛躍的に拡大させるには、自動倉庫システムが必要です。AS/RSとは、Automated Storage Retrieval Systemの略です。日本語化すれば自動化された保管と検索システムです。一般的には立体自動倉庫をAS/RSと言います。

効率化を最大化するための倉庫物流システム

立体自動倉庫とは、物流の効率化を最大化できるように考えた倉庫システムです。物流の効率化を最大にするには、倉庫の空間・スペースを最大限活用できることと、在庫の管理や入出庫が簡単で先入れ先出しなどの機能を備えた倉庫が必要です。

必然的に天井まで在庫を保管できるラックに、在庫を取り出すためのクレーンスタッカやモノレールスタッカ、コントローラや入出庫ステーションが必要となります。大規模工場や大型物流センターなど、大型のものでは、ビルや建物自体がラックになっている立体自動倉庫もあります。

 

さまざまな形態に対応する自動倉庫システム

複数荷種サイズに対応や、ソート機能、ピッキング機能、補充機能などもを備えたシステムもあります。

クリーンルームで動作する医薬業界向スタッカクレーンや、危険物などに対応した防爆用スタッカクレーン、吊上げ荷重10t以上の重量物対応スタッカクレーン5m以上の長尺に対応した長尺対応用スタッカクレーン、冷凍対応スタッカクレーンなどもあります。ありとあらゆる倉庫に対応した自動倉庫システムが用意されています。

普及している自動倉庫はパレット、コンテナ、ケース単位で保管する自動ラックシステムを採用したユニット式の自動倉庫が主流です。パレット、コンテナ、ケース単位での管理なら比較的システムが構築しやすいためです。

期待が集まる次世代の自動倉庫システム

次世代の自動倉庫では、超高速なラインを持ちながら、荷姿形状もオリコン・カートン・トレーなど様々なものに対応し、オーダーピッキング後の出荷前バッファー機能もあり、高速でさまざまな形状のピッキングまで可能です。

ほかにはピッキングに特化した超高速小型立体ピッキングシステムがあり、複数の荷受台に連続自動出庫するため、待ち時間無しにピッキング作業まで行えます。

物流の規模や取り扱い商品、保管単位などを考え、どのような自動倉庫システムが事業に最適なのかプランニングが非常に重要となります。

トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法