HOME > 物流倉庫プランナーズ ジャーナルONLINE > 佐川GLが自動棚搬送ロボットを導入!初公開された蓮田ECプラットフォームを紹介

新着記事 一覧

人気記事 一覧

記事キーワード検索

SNS公式アカウント

RSSから記事を購読

佐川GLが自動棚搬送ロボットを導入!初公開された蓮田ECプラットフォームを紹介

佐川GLが自動棚搬送ロボットを導入!初公開された蓮田ECプラットフォームを紹介

佐川急便を中核とするSGホールディングスグループの佐川グローバルロジスティクス株式会社(佐川GL)様は、2019年11月28日に弊社から納品させていただきました自動棚搬送ロボットが導入された「蓮田ECプラットフォーム」の内覧会を行いましたので、レポートさせていただきます。

今回公開された佐川GLの埼玉県蓮田市のECプラットフォームには、アパレル商品などを中心に、出荷量の多い中小EC事業者を対象とし、自動棚搬送ロボットEVEやGAS(ゲート・アソート・システム)など最先端のテクノロジーが導入された効率的で高品質なEC物流サービスを提供する物流センターです。

佐川グローバルロジスティクス 蓮田 ECプラットフォームセンター

  • 所在地:埼玉県蓮田市大字根金728-1
  • アクセス:東北道「久喜IC」、圏央道「白岡菖蒲IC」から5㎞以内
  • 延床面積:約10,540坪
  • ロボットを使用する倉庫範囲:約800坪
自動搬送ロボット ギークプラス EVE
  • 自動棚搬送ロボットEVE 500導入台数:32台
自動棚搬送ロボット 専用棚
  • 自動棚搬送ロボット専用の棚の数:574台
自動搬送ロボット ギークプラス EVE

商品の棚入れ作業やピッキング作業をするワーキングステーションまで、ロボットが棚を持ち上げて運びます。

自動棚搬送ロボットワーキングステーション
  • ワーキングステーション数:6ヶ所
  • ワーキングステーションには、ピッキング作業を効率化し、誤配送を防ぐGAS(ゲート・アソート・システム)を導入。

自動棚搬送ロボット自動充電

充電の残量に応じてロボットが自動で充電スポットに入ります。30分の充電でおよそ10時間稼働が可能です。

商品の棚入れ作業(商品の保管位置を決める)

自動棚搬送ロボット棚入れ作業

1. 棚入れする商品リストの情報を読み込んだ後、商品についているバーコードを読み取る。

自動棚搬送ロボット棚入れ作業

2. ワーキングステーションまでロボットが運んできた棚の指定位置に商品を入れ、棚に付いているバーコードをスキャン。スキャンされた棚の位置が指示された位置と間違いがないかチェックした上で画面をタップ(これにより商品の入れ間違いが起きていないかWチェックしている)。

ピッキング作業(商品出荷のための仕分け)

1. ワーキングステーションのケースと投入場所の紐付け作業を行います。

2. ピッキングするリストを読み込みます。リストを読み込むと、ロボットが最短の距離を選び商品の入った棚をワーキングステーションに運んできます。

自動棚搬送ロボットピッキング作業 自動棚搬送ロボットピッキング作業

3. ワーキングステーションに棚が運ばれてきたら、画面に表示された保管位置から商品を取り出し、商品に付いているバーコードをスキャンします。

自動棚搬送ロボットピッキング作業 自動棚搬送ロボットピッキング作業

4. スキャンをしたら、投入するケースに付いたGAS(ゲート・アソート・システム)のフタが開き、その場所のケースの中に商品を投入します。

自動棚搬送ロボットピッキング作業

5. 商品投入後は足元にある赤外線センサーに足を入れることで、投入完了をシステムに認識させます。足でコントロールすることで、手を塞ぐことなく作業ができ、ピッキング効率も上がります。

「ロボティクスと人の融合」をテーマに物流の未来のカタチを創る

自動棚搬送ロボットピッキング作業

<林 取締役>

佐川グローバルロジスティクス林取締役はECプラットフォームの設立について「ロボティクスと人の融合を一つのテーマとし、我々が物流の未来のカタチを創るという強い思いで計画を実行に移した」と話す。

また「佐川急便と一体となって配送ニーズに細かく応えていくことができるというのは私達の最大の強みとし、蓮田の近隣には佐川急便の規模感の大きな営業所がありますので、集荷の時間やキャパシティなど、ロボティクスによるオペレーション・生産性の向上だけではなく、配送面も含めたトータルで、EC事業者様の事業・利益に最大限貢献できる」とした。

次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」

SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「X(エックス)フロンティア」(東京都江東区新砂3丁目2番9)は、2020年2月から順次稼働を予定しています。

Xフロンティアでは、今回公開された蓮田営業所の約3倍の「ECプラットフォーム」を完備し、自動棚搬送ロボットEVEやDAS(デジタル・アソート・システム)の他、自動倉庫「AutoStore(オートストア)」や、パレット貨物を搬送するAGV「OTTO(オットー)」、自動梱包機「CartonWrap(カートンラップ)」などの設備も合わせて導入される予定。

佐川急便公式YouTubeチャンネル:https://youtu.be/VRrXBw8oli8 

<ロボット導入に関するお問い合わせについて>
佐川グローバルロジスティクス様が導入した自動棚搬送ロボットはフジテックスが販売・納品いたしました。
納品いたしました。ロボティクスによるオペレーションの効率化・自動化/省人化をご検討のお客様はお問い合わせくださいませ。お客様の課題に沿った最適な物流ソリューションをご提案させていただきます。

物流効率化・コスト削減についての
お問い合わせ・商談はこちらから

お手数をおかけいたしますが、下記のフォームより必須事項をご入力ください。
確認でき次第、ご対応させていただきます。


トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法